一七(一五二)鄭大尉の事

現代語訳

  1. `昔、親に孝行する者があった
  2. `朝夕に木を伐って、親を養った
  3. `孝養の心は天に通じた
  4. `舵もない舟に乗って向いの島へ行こうとすれば、朝には南の風が吹いて北の島に吹きつけた
  5. `夕にはまた舟に木を切って乗せれば、北の風が吹いて家に吹きつけた
  6. `このようにして暮らすうち、長い年月が過ぎ、帝の耳にも入り、大臣として召し使われるようになった
  7. `その名を鄭太尉という