(七三)範久阿闍梨西方を後にせざる事

現代語訳

  1. `これも昔の話、範久阿闍梨という僧がいた
  2. `比叡山の楞厳院に住んでいた
  3. `ひたすら極楽を願っていた
  4. `日常生活において西に背を向けず
  5. `唾を吐くときも大小便のときも西を向かず
  6. `入日を背中に負わず
  7. `西坂から比叡山へ登る時は、身を横にして歩いた
  8. `そして常々
  9. `樹木が倒れる時は必ず傾いている方に行く
  10. `心を西方浄土に掛けていれば、志を遂げぬことはない
  11. `臨終正念疑いなし
  12. `と言っていた
  13. `往生伝に記されているとか