(七二)以長物忌の事

現代語訳

  1. `これも昔の話、大膳亮大夫・橘以長という蔵人の五位がいた
  2. `宇治左大臣・藤原頼長殿より呼び出しがあった折
  3. `今日明日は固い物忌みをしております
  4. `と返事をすると
  5. `どういうことだ
  6. `公の職にある者が物忌みなどしている場合か
  7. `必ず参れ
  8. `との厳しい呼び出しだったので、おそれながら参上した
  1. `その後、十日ほどあって、左大臣殿に、聞いたこともないほどの固い物忌みができた
  2. `屋敷の御門の隙間に垣盾などをし、仁王講を行う僧も、高陽院の方の土戸から、童子なども入れずに、僧侶だけが参上した
  3. `御物忌みがある
  4. `と以長が聞き、急いで参上し、土戸から入ろうとすると、舎人が二人いて
  5. `人を入れるなとの仰せです
  6. `と、行く手を阻んだので
  7. `おい、おまえら、おれは召されて参るのだ
  8. `と言うと、この者らもさすがに職事で常々見知っていたため、力及ばず、入れてしまった
  9. `参上し、蔵人所で、何の気なしに声高に喋っていたのを、宇治左大臣・藤原頼長が耳にされ
  10. `そこで喋っているのは、誰だ
  11. `と尋ねられたので、盛兼が
  12. `以長にございます
  13. `と答えた
  14. `どうして、これほど固い物忌みだというのに、昨夜から参り籠っていたのか
  15. `と尋ねよ
  16. `と仰るので、行って、仰る旨を言うと、蔵人所は御前に近いため
  17. `これは、これは
  18. `と大声を出し、憚らずに
  19. `先頃、私的に物忌みをしておりましたところ、お召しがありました
  20. `物忌みの由を申し上げましたが、物忌みなどということがあるか
  21. `必ず参れ
  22. `との由を仰せつかりましたので、参上した次第です
  23. `それで物忌みということは無いと知ったのでございます
  24. `と述べれば、お聞きになって、頷き、何も仰せにならず、済んでしまったという