一七(四九)小野篁広才の事

現代語訳

  1. `昔、小野篁という人がいた
  2. `嵯峨天皇の時代、内裏に札が立てかけられていて
  3. `無悪善
  4. `と書かれていた
  5. `帝が篁に
  6. `読め
  7. `と仰せになったので
  8. `読むことはできます
  9. `が、さしさわりがあるので読めません
  10. `と答えると
  11. `ただ読め
  12. `としつこく仰せられるので
  13. `さがなくてよからん
  14. `と書いてあります
  15. `きっと帝を呪う者の仕業でしょう
  16. `と答えると
  17. `こんなことを書くのはおまえの他にあるまい
  18. `と仰せられたので
  19. `だからこそと申し上げません
  20. `と申したのです
  21. `と言うと、帝は
  22. `では、書いたものは何でも読めるな
  23. `と仰せられたので
  24. `何でも読みましょう
  25. `と言えば、子子子子子子子子子子子子、と書かせられ
  26. `読め
  27. `と仰せられたので
  28. `ねこのこのこねこ、ししのこのこじし
  29. `読むと、帝はにっこり微笑み、何事もなく終わった