一六(四八)雀報恩の事

現代語訳

  1. `昔、春のうららかな日に、六十才ほどの女が害虫を取っていたときのこと、庭に雀が歩いているのを見つけて、子供がが石をつかんで投げつけると、当たって腰の骨が折れてしまった
  2. `羽をばたばたさせて苦しんでいるのを烏が狙っていたので
  3. `ああかわいそうに
  4. `烏に食われてしまう
  5. `と、この女は急いで拾いあげ、息を吹きかけなどして食べ物を与えた
  6. `小さな桶に入れて夜は寝かせてやった
  7. `夜が明けると米を与え、銅を削って薬にして与えるなどしていると、子や孫たちが
  8. `やれやれ、おばあさんは年をとったせいか、雀なんか飼ってるよ
  9. `とひやかして笑った
  1. `こうして日頃よく手当てをしていると、少しずつ躍り歩くことができるようになった
  2. `雀も心の中で、こんなに世話をしてくれたことを
  3. `とてもうれしい
  4. `思った
  5. `少し外へ出るときにも、人に
  6. `この雀を見ていておくれ
  7. `餌をあげておくれ
  8. `などと言っていくので、子や孫たちは
  9. `まったく、なんで雀なんか飼っているのかな
  10. `とひやかして笑ったりするのだが
  11. `きっと、かわいいからだよ
  12. `などと言いながら、飼っているうちに、飛べるほどによくなった
  13. `もう烏にも食われないだろう
  14. `と外に出て手を添え
  15. `飛べるようになったかな
  16. `見てやろう
  17. `と、手を差し伸べて送り出すと、ふらふらと飛んでいった
  18. `女は
  19. `長い間、夜になれば桶に入れ、朝がになればえさを食べさせるのが日課になったけれども、飛んで行ってしまうよ
  20. `また来てくれるかな
  21. `などと、いろいろ思い出して独り言を言っていると、人に笑われた
  1. `それから二十日ほど過ぎた頃、女のいる辺りで雀のしきりに鳴く声が聞こえるので
  2. `雀がずいぶん鳴くよ
  3. `あの雀が帰ってきたのかな
  4. `と思って出てみれば、あの雀だった
  5. `ほんとうに忘れないで来てくれてうれしいよ
  6. `と言うと、女の顔を見て口からとても小さなものを落とし置くようにして飛び去った
  7. `女は
  8. `なんだろう
  9. `雀がなにか落としていった
  10. `と、近づいて見ると、ひょうたんの種をひとつ落していったのだった
  11. `持ってきたにはわけがあるのだろう
  12. `と、拾って持っていた
  1. `あきれた
  2. `雀からものをもらって、宝物にしているよ
  3. `と、子供たちは笑ったが
  4. `どれどれ植えてみよう
  5. `と、植えてみると、秋になる頃には、とてもたくさんの、普通のひょうたんとはまったく違う、たいへん大きな実が生った
  6. `女は喜んで、近所の人たちにも配ったが、取っても取ってもなくならないほど多かった
  7. `笑っていた子や孫たちもこれを朝晩食べた
  8. `里中に配り終えた後
  9. `とりわけ大きな七つ八つはひょうたんにしよう
  10. `と思い、家の中に吊り下げておいた
  1. `それから何か月か経って
  2. `そろそろいい具合になったかな
  3. `と見てみれば、見事に生っていた
  4. `下ろして開けてみようとすると、重くなっていた
  5. `不思議に思いながら切って開けてみると、何かがいっぱいに入っていた
  6. `何が入っているんだろう
  7. `と移して見ると、白い米が入っていた
  8. `これはなんとも不思議なことだ
  9. `と思って大きな入れ物に全部移したが、底まできっちり入っていたので
  10. `これはただごとではない
  11. `雀のしたことにちがいない
  12. `と、驚きながらも喜んで、物に入れて隠しておき、残りのひょうたんも調べてみると、同じように入っていた
  13. `これを移し移し使ってみたところ、たいへん多かった
  14. `そして、実に裕福になった
  1. `里の人たちもこれを見て、すごいと羨んだ
  2. `この隣の家に住んでいる女の子供たちがが
  3. `同じ年寄りなのに、こんなにちがうものか
  4. `あんなすばらしいことをできないんだから
  5. `と言うので、隣の女は、その女のところに来て
  6. `それにしても、これはいったいどうしたことかな
  7. `雀がくれたと噂には聞いたが、よく知らないので、ありのままに話して聞かせてもらえんかね
  8. `と言った
  9. `ひょうたんの種をひとつ落していったので植えてみたらこんなになってしまったのじゃよ
  10. `と、あまり詳しく言わないでいるので、さらに
  11. `あったことをもっとくわしく話してはもらえんかね
  12. `としつこく頼むと
  13. `心狭く隠すことでもなかろう
  14. `と思い
  15. `しかじかのことがあって腰骨の折れた雀がいたから飼っておいたら、うれしく思ったのか、ひょうたんの種をひとつ持ってきたので、植えてみたらこんなになってしまったのじゃよ
  16. `と答えると
  17. `その種を一粒だけでも分けてもらえんかね
  18. `と言ったが
  19. `そこに入っている米などはよいがの
  20. `種はお分けできませぬ
  21. `誰にもさしあげておらんのでな
  22. `と断るので
  23. `それでは自分でなんとか腰骨の折れた雀を見つけて飼うことにしよう
  24. `と思い、見張っていたが、腰の折れた雀など見当たらない
  1. `毎朝、隣の様子をうかがっていると、裏の方に散らかっていた米を食べようとして雀が躍り歩いているのを見つけたので、石を拾い
  2. `当たるかな
  3. `と思いながら、たくさんいる中に何度も投げつけると、自らわざと当たって飛べなにのがいた
  4. `喜んで近づき、腰骨をぼっきりとへし折ってから、つかまえて物を食べさせ、薬を飲ませたりして飼っておいた
  5. `一羽だけだってあんな得をした
  6. `もっとたくさんならもっといいことがあろう
  7. `あの隣の女よりもっと子供たちに誉められるに違いない
  8. `と思い、そのあたりに米を撒いて様子を見ていると、雀たちが食べに集まってきたので、また石を投げ投げすると、三羽が骨を折った
  9. `今日はこのくらいでよかろう
  10. `と思って、腰骨の折れた雀を三羽ほど桶に拾って入れ、銅を削って与えつつ過ごしているうちに、みんな元気になったようなので、喜んで外に取り出すと、ふらふらしながら飛び去った
  11. `とてもいいことをした
  12. `と思った
  13. `雀は腰骨をへし折られ、こんなに幾月も桶に閉じ込められて
  14. `まったく恨めしい
  15. `思った
  1. `それから十日くらいたったある日、この雀たちがやって来たので、喜び
  2. `口になにかくわえていないか
  3. `と見れば、ひょうたんの種を一粒ずつみんなが落していった
  4. `やっぱり
  5. `とうれしくなって、それを拾って植えた
  6. `普通よりも早くするすると育って、実に大きくなった
  7. `しかし、これは七つか八つほどしか実が生らなかった
  8. `女はにこにこしながらそれを見て、子供に向かい
  9. `たいしたこともできない
  10. `などと言っていたが、隣の女には負けておらんよ
  11. `と言うと
  12. `そうでなくちゃ
  13. `と思った
  1. `これは実の数が少ないので、米をたくさんとるために、人にも食べさせず、自分も食べなかった
  2. `すると子供たちが
  3. `隣のおばあさんは里の人たちにも食べさせて、自分も食べてたよ
  4. `こっちは種が三つもあるのに
  5. `うちもみんなに食べさせるのがほんとだよ
  6. `と言うので
  7. `それもそうだ
  8. `と思い、近所の人たちにも食べさせ
  9. `子供たちといっしょに食べよう
  10. `と、腹いっぱい食べたところ、それはたとえようもなく苦いもので、まるで黄檗のようなひどい苦さであった
  11. `たくさん食べた人たちも子供たちも自分もみなもどしてしまい、里の人たちもみな気持ち悪くなってしまったので、集まって
  12. `なんてものを食べさせるんだ
  13. `ああおそろしい
  14. `ちょっと臭いを嗅いだだけの人さえもどしてしまって、死ぬかと思ったんだぞ
  15. `と、怒って
  16. `文句を言ってやる
  17. `と思って来てみれば女をはじめ子供たち皆具合を悪くして、もどし散らかして寝こんでいた
  18. `話にならないので、皆帰っていった
  1. `二・三日も過ぎると皆具合が治った
  2. `女は
  3. `ちゃんと米にならないうちに、急いで食べたからあんなことになったんじゃろ
  4. `と思って、残りのひょうたんを全部吊り下げておいた
  1. `それから何か月かして
  2. `そろそろできあがったかな
  3. `と、中身を移すための桶を持って部屋に入った
  4. `うれしくて、歯もない口を耳もとまで開けて一人で笑いながら、桶を寄せて移そうとすると、虻、蜂、百足、とかげ、蛇などが出てきて、目も鼻も関係なく体中にまとわりついて刺すのだが、女は痛みも感じず、ただ
  5. `米がこぼれてしまう
  6. `と思って
  7. `ちょっとお待ち、雀よ
  8. `少しずつ取ろう
  9. `と言った
  10. `七つか八つのひょうたんからは、うようよと毒虫が出てきて、子供たちを刺し食い、女を刺し殺してしまった
  11. `雀が腰をへし折られて、悔しく思い、たくさんの虫たちに頼んで桶の中に入っていてもらったのだった
  12. `隣の雀は、もともと腰骨が折れて烏に命を狙われていたのを助けてくれたから、うれしく思ったのである
  13. `だから、人の物を羨んではならない