一八(五〇)平貞文本院侍従等の事

現代語訳

  1. `昔の話、兵衛佐・平貞文のことを
  2. `平中
  3. `と言った
  4. `色好みで、宮仕えの女はもとより、人の娘など、夜這いを仕掛けないことがなかった
  5. `思いをかけて、文を出す関係になった女でなびかぬ者はないのだが、本院侍従というのは村上天皇の御母后の女房である
  6. `たいへんな色好みで、文を出すとまんざらでもない返事を返してくるが、逢うことはない
  7. `しばらくの間はともかく、最後にはいけるだろう
  8. `と思い、哀愁漂う夕暮れの空や月の明るい夜など、色気が漂い人の目を止めそう頃合を見計らって訪ねはするものの、女も見知って情けは交わしながら心は許さず、さりげなく、しかも素っ気なくないように返事をし、人が居合わせて差し支えのない所では言葉を交わしたりしながら、うまくすり抜けつつ心を許さずにいたが、男はそうとは知らず、ただ日ばかり過ぎていくことに物足りなさを感じ、常よりも頻繁に文を出し
  9. `参る
  10. `と伝えてきたので、いつもどおり当たり障りなく答えれば、四月の末頃の、激しい雨が降ってもの恐ろしげなとき
  11. `こんな折に行けば、きっと感じ入ってくれるだろう
  12. `と思い、出かけた
  1. `道すがら
  2. `こんなたいへんな雨の中を行けば、逢わずに帰すことはよもやあるまい
  3. `と気を強く持って局に行くと、人が出てきて
  4. `奥におります、案内しましょう
  5. `と隅の方へ案内して去っていった
  6. `見れば、物陰に火を灯し、夜着と思しき衣が伏籠に掛けてあり、焚きしめた芳しい香の匂いが漂う
  7. `実に心憎く、身に沁みて
  8. `すばらしい
  9. `と感じていると、人が戻って来て
  10. `ただいま、下りて来られます
  11. `と言う
  12. `嬉しいことこの上ない
  1. `そうして、下りてきた
  2. `こんな雨なのに、どうして
  3. `など言えば
  4. `この程度で来れないような浅い気持ではないのです
  5. `などと言い交わし、近くへ寄って髪を探れば、氷を伸し掛けたように冷ややかで、手触りの素晴らしいことこの上ない
  6. `なんやかやとえも言わぬことなどを語らい、今夜こそいけそうだと思っていると
  7. `あら、遣戸を開けたまま忘れていました
  8. `明日の朝
  9. `誰かが開けたまま出て行ったぞ
  10. `などと言われて面倒があっても困ります
  11. `閉めてすぐに戻ってまいります
  12. `と言うと
  13. `それもそうだと思い、これだけ打ち解けているのだからと安心し、衣を置いて行かせた
  1. `たしかに遣戸を閉める音がしたので、来るだろうと待っていたが、音もせず奥へと入ってしまった
  2. `すると、ひどく不安になって平常心も失ってしまい、這い入ってやろうとはしたものの、そのすべもなく、行かせてしまったことを悔しく思ったが、仕方がないので泣く泣く明け方帰っていった
  1. `家に戻って思い明かし、騙して置き去りにしたことへの嘆きを文に書き付けて送ると
  2. `どうして騙したりするでしょうか
  3. `帰ろうとしたときに召されたので、また後でと思って
  4. `などと返してきたりして、日は過ぎていった
  1. `どうも接触するのは無理そうだ
  2. `だからもはや、この人の悪しく醜い部分を見て気持ちを醒まそう
  3. `こんなことばかりに気を揉んでいたくない
  4. `と思い、随身を呼んで
  5. `あの人の便所担当の女官が皮籠を持って行く
  6. `奪い取ってきて、見せてくれ
  7. `と言うと、随身は毎日付近で様子を窺い、必死で逃げるところを追いかけ奪い取って、主に渡した
  1. `平中が喜んで、物陰に持って行って見れば、香色の薄物の三枚重ねに包んであった
  2. `香ばしいことこの上ない
  3. `引き解き開ければ、その香りは譬えようもない
  4. `見れば、伽羅や丁子を濃く煎じて入れてあった
  5. `またたくさんの薫物が無造作に転がっていた
  6. `その香ばしさを推し量ってもらいたい
  7. `見れば大変意外であった
  8. `もりもりとしたものが入っていたら、それで嫌気がさして気が鎮まる
  9. `と思った
  10. `だがこれはどうしたことか
  11. `これほど心ある人がいるだろうか
  12. `とてもただの人とは思えない
  13. `と、ますます死ぬほどに思ったが、どうしようもない
  14. `自分がこうして見るなどとは思いもよらないだろうに
  15. `と、こうした心配りを見て後はいよいよ惚けてしまったが、ついに逢わずに終わってしまった
  1. `我が身ながら、あの人を世にも恥ずかしく憎らしく思った
  2. `と、平中は密かに人に隠れて話したという