一九(五一)一条摂政歌の事

現代語訳

  1. `昔の話、一条摂政・藤原伊尹というのは東三条殿・藤原兼家の兄である
  2. `容姿をはじめ性格なども素晴らしく、才能や行儀も本物で、また色好みで女とも多く逢い楽しんでおられたのだが、少し軽々しく感じてもおられていたので、名を伏せ
  3. `大蔵丞豊蔭
  4. `と名乗り、賤しい女のもとへも手紙を出したりしていた
  5. `思いを寄せられたり、逢ったりしておられていたが、人々は皆心得て、よく知っていた
  1. `貴人の家の素晴らしい姫君のもとへ通い始めた
  2. `乳母や母親などを味方につけ、父親には知らせずにいたが、父親がそれを聞きつけ、ひどく腹を立て、母親を責め苛み、爪弾きをしてひどく責められると
  3. `そのようなことはありません
  4. `と言い争えば
  5. `まだしきよしの手紙をお書きください
  6. `と母君が困って言ってきたので
  7. `人知れず、身は焦るのに年を経て、なぜ越えられぬ逢坂の関
  8. `と読み遣し、父親に見せると
  9. `さては、噂は空言であったか
  10. `と思って、父親がこう返した
  11. `東路に行き交う人ではないこの身、越えることない逢坂の関
  12. `と詠まれたのを見て
  13. `微笑んだであろう
  14. `と一条摂政御集にある
  15. `おもしろい