(三五)小式部内侍定頼卿の経にめでたる事

現代語訳

  1. `昔、小式部内侍に、中納言・藤原定頼が情を交わしていた
  2. `それにまた、時の関白・藤原教通も通っていた
  3. `局に入って、臥していたのを知らなかったのか、中納言がやって来て、戸を叩くので、局の人が
  4. `しかじか
  5. `と言ったのだろう、沓を履いて行ったが、少し歩み退き、経をいきなり声高に読みはじめた
  6. `二声ほどまでは、小式部内侍が、急に耳を立てるようにしたので、この入って臥していた人が
  7. `あやしい
  8. `思っていると、少し声が遠くなるようで、四声五声ほど、行きもせず読んだ時
  9. `わっ
  10. `と言って、後ろへのけぞり返ってしまった
  1. `この入って臥していた人が
  2. `あのときほど堪えがたく恥ずかしかったことはなかった
  3. `と、後に語ったという