(三六)山伏舟祈り返す事

現代語訳

  1. `これも昔の話、越前国甲楽城の渡りという所で、海を渡ろうと人々が集まっている中に、けいとう房という山伏がいた
  2. `熊野、御岳は言うに及ばず、白山、伯耆の大山、出雲の鰐淵などで修行し、残した所はほとんどなかった
  3. `その者が、この甲楽城の渡りへ行き、渡ろうとしたときは、同じく渡ろうとする者がおびただしくいた
  1. `渡し守は人々から舟賃をもらって渡す
  2. `このけいとう坊が
  3. `渡せ
  4. `と言うと、渡し守は耳も貸さずに漕ぎ出した
  5. `その時、この山伏は
  6. `なぜそんなひどいことをするのか
  7. `と言ったが、少しも聞き入れることなく沖へ漕ぎ出してしまった
  8. `すると、けいとう坊は、歯を食いしばり、数珠を揉みちぎった
  1. `渡し守が見返って
  2. `ばかなことをやっている
  3. `と思った様子で二・三町ほど行くと、けいとう坊はそれを見て、足を砂に半ら踏み入れ、目を真っ赤にして睨み、数珠も砕けんばかりに揉みちぎり
  4. `召し返せ、召し返せ
  5. `と叫んだ
  6. `それでもなお行こうとすれば、けいとう坊は、袈裟と数珠とを取り出し、汀近くに歩み寄って祈る
  7. `召し返せ
  8. `召し返さずば、長く三宝ともお別れいたす
  9. `と叫んで、その袈裟を海に投げ込もうとした
  10. `それを見て、集まっていた者たちは顔色を失って立っていた
  1. `こう祈っていると、風も吹かないのに去り行く舟がこちらへ近づいてくる
  2. `それを見て、けいとう坊が
  3. `寄ってくるぞ、寄ってくるぞ
  4. `早く連れて来い、早く連れて来い
  5. `とさらに祈れば、見る者は顔色を変えた
  6. `こうして祈るうちに一町足らずまで寄せてきた
  1. `その時、けいとう坊は
  2. `さあ今度はひっくり返せ、さあ今度はひっくり返せ
  3. `と叫んだ
  4. `それを聞いて、集まり見ている者らは、一斉に
  5. `そんな殺生な
  6. `たいへんな罪ですぞ
  7. `どうかそのままに、どうかそのままに
  8. `と言ったが、けいとう坊が少しばかり表情を変え
  9. `さあ、ひっくり返してください
  10. `と叫ぶと、二十人余りが乗っていたこの渡し舟がざぶりと転覆した
  1. `けいとう坊は、汗を拭い
  2. `なんともあきれた奴らだ
  3. `まだわからんのか
  4. `と言って去って行った
  5. `世の末ではあるが、三宝は確かにいらしたという