一三(一三)田舎の児桜散るを見て泣く事

現代語訳

  1. `これも昔の話、比叡山に入った田舎の稚児が、桜が見事に咲いているところへ風が激しく吹くのを見てさめざめと泣いていると、それを見た僧侶がそっと寄り
  2. `なぜそのように泣くのです
  3. `この花が散るのを名残惜しく思われるのですか
  4. `桜とははかないもので、こうしてほどなく移ろい去るものです
  5. `ただそれだけに過ぎないのです
  6. `と慰めると
  7. `桜が散るのはどうしようもないことだから、かまわない
  8. `父の作った麦の花が散って、実入りが少なかったらと思うのがわびしいんだ
  9. `と言い、しゃくりあげてよよと泣いたという
  10. `やれやれ