一三(一三)田舎の児桜散るを見て泣く事

原文

  1. `これも今は昔田舎の児の比叡の山へ登りたりけるが桜のめでたく咲きたりけるに風の烈しく吹きけるを見てこの児さめざめと泣きけるを見て僧のやはら寄りて
  2. `などかうは泣かせ給ふぞ
  3. `この花の散るを惜しう覚えさせ給ふか
  4. `桜ははかなき物にてかく程なく移ろひて候ふなり
  5. `されどもさのみぞさぶらふ
  6. `と慰めければ
  7. `桜の散らんはあらがちにいかがせん苦しからず
  8. `我が父の作りたる麦の花散りて実の入らざらんを思ふが侘しき
  9. `と云ひて欷歔あげてよよと泣きける
  10. `うたてしやな