一〇 一 四手を放すという事

現代語訳

  1. `四手を放す
  2. `とは
  3. `敵も己も同じ心で張り合うすなわち四つに組む感じになっては戦が行かぬものである
  4. `張り合う感じになると思ったならば、そのままその情態を捨てて、別の利を以て勝つことを知る、というものである
  5. `大分の兵法にあっても、四手気味になると行かず、兵を損ずることになる
  6. `はやくその情態を捨てて、敵の思いもつかぬ利を以て勝つことが専一である
  7. `また、一分の兵法においても、四手になると思ったならば、そのまま情態を変えて、敵の形勢を捕らえて、全く別の利を以て勝ちを弁えることが肝要である
  8. `よくよく研究すべし