一六 一 二のこしの拍子の事

現代語訳

  1. `残しの拍子
  2. `己が打とうとするとき、敵が早く引き、早く張り、退けるようなときは、己が打つと見せて、敵が張って弛んだを打ち、引いて弛んだを打つ、これ間残しの打ちである
  3. `この書付ばかりではなかなか打ち得るようにはなり難いであろう
  4. `教えを受けて後は忽ち合点のゆくところである