一 他流に短き太刀を用る事

原文

  1. `短き太刀にて
  2. `勝ん
  3. `と思ふ所実の道に非ず
  4. `昔より
  5. `太刀
  6. `かたな
  7. `と云て
  8. `長き
  9. `
  10. `短き
  11. `と云ふ事を顕し置也
  12. `世の中に強力なる者は大きる太刀をもかろく振なればむりに短きを好むにあらず
  13. `其故は長きをて槍長太刀をも持物也
  14. `短き太刀を以て
  15. `人の振太刀の透間をきらん
  16. `飛いらん
  17. `つかまん
  18. `などと思ふ心かたつきて悪し
  1. `又すきまをねらふ所万事後手見えもつると云心有て嫌事也
  2. `は短かき物にて
  3. `敵へ入くまん
  4. `とらん
  5. `とする事大敵の中にて役に立ざる心也
  6. `短きにてし得たるものは
  7. `大勢をもきりはらはん
  8. `自由に飛ばん
  9. `くるはん
  10. `と思ふ共皆
  11. `うけ太刀
  12. `と云物になりてとりまぎるる心有て成道にてはなき事也
  13. `同くは我身は強くにして人を追回し人に飛はねさせ人のうろめく様にしかけて慥に勝所を専とする道也
  14. `大分の兵法に於ても其理有
  15. `同じくは人数かさを以て敵を矢場にほし即時にせめつぶす心兵法の専也
  1. `世の中人の物をしならふ事へいぜいもうけつかはしつぬけつくぐりつしならへば心道にひかされて人にまはさるる心有
  2. `兵法の道直にただしき所なれば正理を以て人を追回し人をしたがふる心肝要也
  3. `く吟味有べし