(一七八)新羅国の后金榻の事

現代語訳

  1. `これも昔の話、新羅国に后がいらした
  2. `その后は、密かに間男を囲っておられた
  3. `帝がこのことを耳にされ、后を捕らえ、髪に縄をつけて、上に吊り掛け、足を二三尺ほど浮かせて置かれると、后は、為すすべなく、心の内で
  4. `このような悲しい目に遭っても、助ける人はいない
  5. `伝え聞くところによれば、この国より東に日本という国があるらしい
  6. `その国に長谷観音という仏はお姿を現すという
  7. `菩薩の御慈悲はこの国まで聞き及び、計り知れない
  8. `願をかければ、お助け下さらぬはずはない
  9. `と、目を閉じ、念じられると、金の踏み台が足の下に出てきた
  10. `それを踏んで立てば、苦みからのがることができた
  11. `人の目にはこの踏み台は見えない
  1. `数日経って、お許しになられた
  2. `後に后は、持っておられた宝物を、多くの遣いを出して、長谷寺に奉納された
  3. `その中の、大きな鈴、鏡、金の簾は、今もあるという
  4. `この観音、念じれば、他国の人も霊験に預からぬことはないという