一四(一七三)優婆崛多弟子の事

現代語訳

  1. `昔、天竺に仏の御弟子で優婆崛多という聖がいらした
  2. `釈迦如来が入滅して百年ほど後のこと、その聖に弟子がいた
  3. `どんな気質をお察しになったのか
  4. `女人に近づいてはならぬ
  5. `女人に近づけば、生死を巡ること車輪のごとしであるぞ
  6. `と常々戒められるので、弟子が
  7. `何をご覧になって、度々そのように仰るのですか
  8. `私も悟りを得た身ですから、女に近づくことなど決してありません
  9. `と答えた
  1. `他の弟子たちも
  2. `我々の中でも特に貴い人を、どうしてあのように仰るのだろうか
  3. `と怪しく思っていた折、その弟子の僧が、どこかへ行く途中で川を渡ろうとすると、女が現れ、同様に渡ろうとして流されてしまい
  4. `あれえ
  5. `助けてください
  6. `そこのお坊様
  7. `と叫んだので
  8. `師の仰せもある
  9. `耳に入れてはならない
  10. `と思ったが、川の中で浮き沈みしつつ流れて行くので、かわいそうになって、近づいて手を取り、引き寄せ助けた
  11. `その手が白くふくよかで、とても気持ちがよかったので、離すことができなかった
  12. `女が
  13. `もう手をお放しくださいまし
  14. `ああ恐ろしい
  15. `と思った顔つきで言うので、僧は
  16. `前世の契りが深いのでしょうか
  17. `とても慕わしく思われてなりません
  18. `私の言葉を聞いていただけますか
  19. `と言うと、女は
  20. `今まさに死ぬところであった命をお救いくださったのですから、いかなることであろうとも拒むつもりはありません
  21. `と答えるので嬉しく思い、萩や薄の生い茂った所へ、手を取って
  22. `さあ、こちらへ
  23. `と引き入れた
  24. `そして押し倒し、めちゃくちゃに犯そうと、股に挟まれていたとき、この女を見ると、我が師の尊者であった
  25. `驚きあきれて身を引き退こうとするが、優婆崛多は股に強く挟んだまま
  26. `こんな老法師をどうしてこんなに責めるのだ
  27. `それでもおまえは女犯の心なき証果の聖者なのか
  28. `と仰せになると、わけがわからなくなるほど恥ずかしく、挟まれるのから逃れようとするが、みっちりと強く挟んで外さない
  29. `そうして、このように大声を出しているので、通行人らが集まって見ている
  30. `みっともなく、恥ずかしいことこの上ない
  1. `こうして多くの人に見せて後、起き上がると、弟子を捕らえて寺へ戻り、鐘を撞いて衆生の会合を催し、みんなにこの話を語った
  2. `人々が笑うことこの上ない
  3. `弟子の僧は生きているのか死んでいるのかもわからない気持ちになった
  4. `こうして弟子僧は罪を懺悔したので、阿那含果の位を得た
  5. `尊者は方便を巡らして弟子を罠にはめ、仏道に入れるのである