(一七四)海雲比丘弟子童の事

現代語訳

  1. `昔、海雲比丘が道を歩いていると、十歳ほどの童子と出会った
  2. `比丘は童子に
  3. `何をしている童子か
  4. `とお尋ねになった
  5. `童子は
  6. `ただ道を歩いている者です
  7. `と答えた
  8. `比丘が
  9. `おまえは法華経を読んだことがあるか
  10. `と訊くと、童子は
  11. `法華経というものなど今まで名前も聞いたことがありません
  12. `と答えた
  13. `比丘がまた
  14. `ならば、我が房へ連れて行き、法華経を教えよう
  15. `と言うと、童子は
  16. `仰せに従います
  17. `と比丘の後についていった
  1. `五台山の房に到着し、法華経をお教えになった
  2. `経を習っていると、小僧がいつもやって来て何か話をする
  3. `誰とはわからない
  4. `比丘は
  5. `いつも来る若い高徳の僧をおまえは知っているのか
  6. `とお尋ねになった
  7. `童子は
  8. `知りません
  9. `と答えた
  10. `比丘は
  11. `彼こそこの山に住まわれる文殊だ
  12. `我に話をしに来られたのだ
  13. `と言われた
  14. `このように教えたが、童子は文殊ということも知らなかった
  15. `だから、なんとも思わなかった
  16. `比丘は童子に
  17. `おまえ、ゆめゆめ女人に近づいてはならぬぞ
  18. `周囲を退けて慣れ親しんではならぬ
  19. `と言われた
  1. `童子が外出したときのこと、葦毛の馬に乗り、たいそう化粧をした美しい女と道で出会った
  2. `この女は
  3. `そなた、この馬の口を引いて下さい
  4. `道がとても悪くて、落ちそうになるのです
  5. `と言ったが、童子が耳も貸さずに行こうとすると、この馬が勇み、女は逆さまに落ちてしまった
  6. `そして
  7. `私を助けて
  8. `もう死にそう
  9. `と言ったが、それでも耳を貸さなかった
  10. `我が師が
  11. `女の傍へ寄ってはならぬ
  12. `と言っておられたっけ
  13. `と思い、五台山へ帰って女との始終を比丘に話し
  14. `それでも耳も貸さずに帰って参りました
  15. `と言うと
  16. `でかしたぞ
  17. `その女は文殊の化身で、おまえの心をご覧になっていたのだ
  18. `と言ってほめた
  1. `そうこうするうちに、童子は法華経を一部読み終えた
  2. `そのとき比丘は
  3. `おまえは法華経を読み終えた
  4. `これより法師になって受戒せよ
  5. `と言って法師になされた
  6. `我は受戒を授けることができぬ
  7. `洛陽の禅定寺においでの倫法師という人がこの頃帝の宣旨を賜り、受戒を行っている
  8. `その人のもとへ行き、受けて参れ
  9. `もはやおまえを見てはならないことがあるのだ
  10. `と言って泣かれることこの上ない
  1. `童子は
  2. `受戒した後にはすぐ戻って参ります
  3. `どうしてそのようなことを仰るのですか
  4. `と言った
  5. `また
  6. `どうしてお泣きになるのです
  7. `と問えば
  8. `ただ悲しいことがあるのだ
  9. `と言ってお泣きになる
  10. `そして童子に
  11. `戒師のもとへ行き
  12. `どこから来た人か
  13. `と訊かれたら
  14. `清冷山の海雲比丘のもとより
  15. `と答えよ
  16. `とお教えになり、泣く泣く見送られた
  1. `童子は仰せに従って倫法師のもとへ行き、受戒すべき由を述べれば、話のとおり
  2. `どこから来た人か
  3. `とお尋ねになったので、教えられたように答えると、倫法師は驚き
  4. `尊いことだ
  5. `と礼拝し
  6. `五台山は文殊のみがお住まいの所だ
  7. `そなたは海雲比丘という仏道へのよい指導者に会い、文殊をよく拝み奉っていたのだろう
  8. `と、尊ぶことこの上ない
  1. `そして受戒し、五台山へ帰って、日頃いた房のあった所を見ると、まったく人の住んでいる気配がなかった
  2. `泣く泣く山中を捜し歩いたが、ついにその場所は見つからなかった
  3. `彼は優婆崛多の弟子の僧で、賢かったが、心が弱く女に近づいてしまった
  4. `この者は幼かったが、心が強くて女に近づかなかった
  5. `それゆえ文殊は、この者を、賢かったので、教化して仏道に入れたのである
  6. `だから世の人、戒めを破ってはならない