(一三九)内記上人法師陰陽師の紙冠を破る事

現代語訳

  1. `内記上人寂心という人がいた
  2. `道心堅固の人である
  3. `堂を造り、塔を建てることが最上の善根である
  4. `と、修繕などの金を募った
  1. `材木を播磨国に行って手に入れた
  2. `そこで法師陰陽師が紙冠を着けて祓えをするのを見つけ、慌てて馬から下りて駆け寄り
  3. `何をなさっている方なのですか
  4. `と問うので
  5. `祓えをしているのです
  6. `と言った
  7. `なぜ紙冠を着けているのですか
  8. `と問うので
  9. `祓戸の神々は法師を嫌われるので、祓えの時はしばしこれをしているのです
  10. `と言うと、上人は声をあげて大いに泣き陰陽師につかみかかったので、陰陽師は思わず仰天し、祓えを途中でやめて
  11. `なにをなさるのですか
  12. `と言った
  13. `祓えをさせる人もあきれていた
  14. `上人は冠を取って引き破り、泣くことこの上ない
  15. `なんと心得て、そなたは仏弟子となり
  16. `祓戸の神々が憎まれる
  17. `と言って、如来の嫌われることを行い、しばしの間といえども無間地獄の罪業をつくられるのか
  18. `まったく悲しいことだ
  19. `もう私を殺せ
  20. `と言って、取り付いて泣くことはなはだしい
  1. `陰陽師は
  2. `仰ることはごもっともです
  3. `生きづらい世の中なので、やむを得ずこうしているのです
  4. `そうでもしなければ、どうやって妻子を養い、我が命を長らえられましょう
  5. `道心がないので上人にもならず法師の姿でおりましても、俗人のごときですから、後世はどうなることやらと不安でもありますが、これも世の習い、仕方なくこうしているのです
  6. `と言う
  7. `上人は
  8. `たとえそうだとしても、どうして三世如来の御首に冠をなさったのか
  9. `不幸に耐えられずこのようなことをするのなら、堂を造るために勧進し集めたものをそなたに与えよう
  10. `一人を菩提に勧めれば、堂や寺を造るに勝る功徳である
  11. `と言って、弟子たちを遣わして
  12. `材木を手に入れよう
  13. `と勧進し集めたものをすべて運び寄せ、この陰陽師に与えた
  14. `そして我が身は京へと上った