(一一七)浄蔵が八坂の坊に強盗入る事

現代語訳

  1. `これも昔の話、天暦の頃、浄蔵の八坂の寺に大勢の強盗が押し入った
  2. `そこで、火を灯し、太刀を抜き、目を見張ると、各々立ち竦み、まったく動かなかった
  3. `こうして数時間が過ぎた
  1. `夜が白んできた頃、浄蔵は、本尊に敬白して
  2. `そろそろ許してやるがよい
  3. `と言った
  4. `そのとき盗人どもは、なにもできぬまま逃げ帰ったという