(一一五)放鷹楽明暹に是季が習ふ事

現代語訳

  1. `これも昔の話、放鷹楽という楽を、明暹已講ただ一人が習い伝えていた
  2. `白河院の野行幸が明後日というときに、興福寺の三面の僧坊にいたが
  3. `今宵は、閉門するな
  4. `訪ねる人があるかもしれぬ
  5. `と言って待っていると、案の定入ってくる人があった
  6. `誰かと問えば
  7. `大神惟季です
  8. `と言う
  9. `放鷹楽を習いにか
  10. `と訊けば
  11. `そうです
  12. `と答えた
  13. `そこですぐ僧坊へ入り、その楽を伝えた