(六一)業遠朝臣蘇生の事

現代語訳

  1. `これも昔の話、高階業遠の死に際、御堂入道・藤原道長殿が仰るには
  2. `言い残すべきこともあろう
  3. `不憫なことだ
  4. `と、解脱寺の観修僧正を召し、業遠の屋敷に向かって加持をさせると、死人はたちまち蘇生し、大事な用を言い終えて後にまた目を閉じたという