一一(四三)藤六の事

現代語訳

  1. `昔、藤六という歌詠みがいた
  2. `人のいないのを見計らい、下賤の者の家に入った
  3. `鍋にある物をすくって食べていると、家の主人の女が水を汲み、大路の方からやって来て見ると、こんなふうにすくって食べているので
  4. `どうしてこんな人もいない所に入って、こんなことやってるんですか
  5. `あらこれはびっくり、藤六さんじゃありませんか
  6. `それなら歌をお詠みなさい
  7. `と言うので
  8. `昔から阿弥陀仏の誓いのとおり、煮られるものはすくうものだと覚えてきたから
  9. `と詠んだのだった