一一(六三)後朱雀院丈六仏造り奉り給ふ事

原文

  1. `これも今は昔後朱雀院例ならぬ御事大事におはしましける時後生の事恐れ思し召しけり
  2. `それに御夢に御堂入道殿参りて申し給ひて曰く
  3. `丈六の仏を造れる人子孫において更に悪道に落ちず
  4. `某多くの丈六を造り奉れり
  5. `御菩提において疑ひ思し召すべからず
  6. `
  1. `これに依りて明快座主に仰せ合せられて丈六仏を造らる
  2. `件の仏山の潅仏院に安置し奉らる