(一四七)八島院宣

原文

  1. `さるほどに院宣の御使平三左衛門重国御坪召次花方八島へ参り院宣を取り出だいて奉る
  2. `大臣殿以下の卿相雲客寄り合ひ給ひてこの院宣を開かれけり
  1. ``一人聖体出北闕宮禁諸州三種神器埋南海四国数年尤朝家之嘆亡国之基也
  2. ``抑彼重衡卿東大寺焼失之逆臣也
  3. ``須任頼朝朝臣申請旨死罪独別親族已成生捕
  4. ``籠鳥恋雲思遥浮千里南海帰雁失友心定通九重中途
  5. ``然則三種神器於返入彼卿可寛也
  6. ``者院宣如此仍執達如
  1. ``寿永三年二月十四日,寿永三年二月十四日
  2. ``大膳大夫成忠承進上
  3. `前平大納言殿へ
  1. `とぞ書かれたる

書下し文

  1. ``一人聖体北闕の宮禁を出でて諸州に幸し三種神器南海四国に埋もれて数年を経尤も朝家の嘆き亡国の基なり
  2. ``抑もかの重衡卿は東大寺焼失の逆臣なり
  3. ``須く頼朝朝臣申し請くる旨に任せて死罪行はるべしといへども一人親族に別れて既に生捕と成る
  4. ``籠鳥雲を恋ふる思ひ遥かに千里の南海に浮かび帰雁友を失ふ心定めて九重の中途に通ぜんか
  5. ``然れば則ち三種神器を都へ還し入れ奉らんに於いてはかの卿を寛せらるべきなり
  6. ``てへれば院宣かくの如くよつて執達件の如し
  1. ``寿永三年二月十四日
  2. ``大膳大夫業忠が承り進上