(一四七)八島院宣

現代語訳

  1. `さて、院宣の使者・三左衛門・平重国と内裏御庭番の花方は屋島へ参り、院宣を取り出して届けた
  2. `宗盛殿以下の公卿や殿上人が集まり、この院宣を開かれた
  1. ``一人の天子が宮廷を出て諸州を行幸し、三種の神器が南海・四国に埋もれて数年が経つが、これは朝廷の嘆きであり、国家滅亡の原因でもある
  2. ``そもそもあの重衡殿は、東大寺を焼き滅ぼした逆臣である
  3. ``当然、頼朝殿が申請しているとおりに、死罪に処すべきではあるが、独り親族と別れて、既に生け捕りとなっている
  4. ``籠の鳥が雲を恋い慕う思い、また、遥か千里の南海に浮かび、春に北へ帰る雁が友を失うがごとき心は、きっと宮廷へと向かっていることだろう
  5. ``それゆえ、ただちに三種の神器を都へ返還すれば、重衡殿を許されるはずだ
  6. ``よって、院宣はこのとおりであり、それを通達する
  1. ``寿永三年二月十四日
  2. ``大膳大夫業忠が承り、取り次ぎ申し上げる
  3. `前平大納言殿へ
  1. `と書かれてあった