一七 一 かどにさわるという事

現代語訳

  1. `角にさわる
  2. `というのは
  3. `何事も、強い物を押すと、そのまま真っ直ぐには押し込みにくいものである
  4. `大分の兵法にあっても、敵の隊を見て、張り出しの強い所の角に当たってその利を得るべし
  5. `角がるにしたがい、どこもみなる手法である
  6. `そのる中にあっても、角々に気を配って勝つ利を生かすことが肝要である
  7. `一分の兵法にあっても、敵の体の角に痛みを付け、その体が少しでも弱くなり、崩れる体になってしまえば勝つことは容易いものである
  8. `この事をよくよく吟味して勝つところを弁えることが専一である