三四 一 多敵の位の事

現代語訳

  1. `多敵の位
  2. `というのは
  3. `身一つにして大勢と戦うときのものである
  4. `己の刀と脇差を抜いて、左右へ広く太刀を横に放り出すように構えるのである
  5. `敵が四方からかかってきても一方へ追い回す手法である
  6. `敵がかかってくる形勢や前に出て来る敵・から出て来る敵を見分けて、先に出て来る者に早く行き合い、大局に目を付けて、敵の打ち出す位置を捉えて、右の太刀も左の太刀も同時に振り違えて行く太刀で前の敵を斬り、戻る太刀で脇に進む敵を斬る感覚である
  7. `太刀を振り違えて待つのはまずい
  8. `早く両脇の位置に構え、敵が出たところを強く切り込み、追い崩して、そのまままた敵の出た方へかかって振り崩す感覚である
  9. `どうにかして敵を一列に魚繋ぎにして追いやる感じで仕掛けて、敵が重なると見たら、そのまま間をすかさず、強く薙ぎ払いに突っ込むべし
  10. `敵との間合が詰まったところでただ追い回してしまっては、が行き難い
  1. `また
  2. `敵の出る方、出る方
  3. `と思うと、待つ心が生じ、行き難い
  4. `敵が拍子を受けて崩れるところを知って勝つことである
  5. `折々稽古相手を数多く寄せ集め、追い込みに慣れてその感覚を得れば一人の敵も十・二十の敵も心安いものである
  6. `よく稽古して吟味あるべきである