一 他流に大きなる太刀を持事

原文

  1. `他に大きなる太刀をこのむ流有
  2. `我兵法よりして是をよわき流と見立る也
  3. `其故は他の兵法いかさまにも人に勝と云理を知らずして太刀の長きを徳として敵相遠き所より勝度と思ふによつて長き太刀このむ心有べし
  4. `世の中にいふ
  5. `一寸手まさり
  6. `とて兵法知らぬものの沙汰也
  7. `然るによつて兵法の利なくして長きを以て遠く勝んとするそれは心のよわき故なるによつてよわき兵法と見立る也
  8. `敵相近く組合ほどの時は太刀長き程打事もきかず太刀のもとをりすくなく太刀をにして小脇差手振の人におとるもの也
  9. `長き太刀好む身にしては其云わけは有ものなれ共夫は其身ひとりの理也
  10. `世の中の実の道より見る時は道理なき事也
  11. `長き太刀もたずして短き太刀にては必まくべき事
  12. `或は其場によりうへしたわきなどのつまりたる所或は脇差の座にても長きを好む心
  13. `兵法のうたがひ
  14. `とてあしき心也
  15. `人により少力なるものも有其身によりかたなさす事ならざる身も有
  16. `昔より
  17. `大は小をかなふる
  18. `と云へばむざと長きをきらふには非ず
  19. `長きとかたよる心を嫌ふ儀也
  20. `大分の兵法にして長太刀は大人数也
  21. `短きは小人数也
  22. `小人数と大人数にて合戦はなるまじきものか
  23. `小人数にて大人数に勝たる例多し
  24. `我一流に於て左やうにかたつくせまき心嫌ふ事也
  25. `能々吟味有べし