(一八一)仲胤僧都連歌の事

現代語訳

  1. `これも昔の話、青蓮院の座主のもとへ七宮がいらしたので、御退屈を慰めるべく、若い僧綱や有職たちが庚申講をして遊んでいた折、憎たらしげな上童が瓶子で酒を注いで歩いているのを見て、ある僧がこっそりと
  2. `上童、大童子にも劣りたり
  3. `と連歌にしたので、人々がしばし考えていたとき、仲胤僧都がその場にいたが
  4. `はい、私はさっそく付けましたぞ
  5. `と言うので、若い僧たちが
  6. `いかに
  7. `と顔を見合わせていると、仲胤は
  8. `祇園の御会を待つばかりなり
  9. `と付けた
  1. `これを各々
  2. `この連歌は、どう付いているんだろう
  3. `とこそこそと言い合っていると、それを仲胤が聞き
  4. `それはね、みなさん
  5. `連歌さえ付かぬ
  6. `と付けたんですよ
  7. `と言うと、これを聞き伝える者たちは一斉に
  8. `わはは
  9. `と大笑いしたという