(一六四)夢買ふ人の事

現代語訳

  1. `昔、備中国に郡司がいた
  2. `その子に、ひのきまき人という者いた
  3. `若い頃に夢を見たので、判断をしてもらいに夢解きの女のもとを訪れ、夢合わせをしていたところ、話をしているさなか、大勢の人ががやがやとやって来た
  4. `国主の長男が訪ねていらしたのである
  5. `年は十七・八歳くらいの男でいらした
  6. `性格などはわからないが、容姿はよかった
  7. `従者を四・五人ほど連れていた
  1. `夢解きの女はここか
  2. `と訊き、供の侍が
  3. `さようでございます
  4. `と答えると、こちらへ来るので、まき人は奥へ行き、そこにある部屋に入って穴から覗いて見れば、この君が入って
  5. `こんな夢を見たんだが
  6. `どういうことか
  7. `と語った
  1. `女がそれを聞いて
  2. `世にもすばらしい夢です
  3. `必ずや大臣にまで出世なさいます
  4. `返す返すもおめでたい夢をご覧になりました
  5. `くれぐれも人にはお話になりませぬよう
  6. `と言うと、この君は嬉しそうに衣を脱ぎ、女に与えて帰っていった
  1. `その後、まき人は部屋から出て女に向かい
  2. `夢は取れるという話を聞いたことがある
  3. `この君の夢を私に取って下さい
  4. `国司は四年勤めれば都へ帰ってしまう
  5. `しかし、私はこの国の者、ここで暮らしている上に郡司の子だから、私を大事に思ってほしい
  6. `と言うと、女は
  7. `お言葉どおりにいたしましょう
  8. `それでは、いらした君と同様にお入りになり、語られた夢を一言も違わずお話下さい
  9. `と言うので、まき人は喜び、かの君と同じ動作で部屋へ入り、夢語りをすれば、女もまた同じように語った
  10. `まき人はとても嬉しく思い、衣を脱いで渡して帰った
  11. `その後、学問に励み、どんどん実力をつけ、才能のある人となった
  1. `その噂は朝廷にも届き、試験をされると、実に知識が豊富だったので、唐へ
  2. `物事をよく学んでこい
  3. `と遣わされ、長く唐にいて、さまざまなことを学びわが国に伝えたので、帝に知識人として評価され、次第にその位を上げ、大臣にまで上った
  4. `そのように、夢を取ることは実に大変なことなのである
  5. `夢を取られてしまった備中守の子は、官位も得ずに終わってしまった
  6. `夢を取られなければ、大臣にまでなれたはずだった
  7. `それゆえ
  8. `夢を人に聞かせてはならない
  9. `と言い伝えている