(一六二)利宣迷神に逢ふ事

現代語訳

  1. `昔、三条院の石清水八幡宮の行幸に、左京属の邦の俊宣という者がお供していた折、長岡にある寺戸という土地の近辺を通っていると、人々が
  2. `この辺りは、迷神のいる辺りだそうだ
  3. `と言いつつ通り過ぎていくので
  4. `俊宣も、そう聞いている
  5. `と言って行けば、過ぎもせぬうち日も暮れかけてきて、本来なら山崎の辺りまでは来ているはずが、おかしなことに再び長岡の辺りを過ぎ
  6. `乙訓川の辺を行く
  7. `と思えば、また寺戸の岸を上る
  8. `寺戸を過ぎてさらに行くと乙訓川のほとりに来たので
  9. `渡る
  10. `と思えば、また少し桂川を渡る
  1. `だんだん日が暮れてきた
  2. `後先を見たが、人っ子一人見えなくなった
  3. `後先に遥かに続いていた人も見えない
  4. `夜が深まったので、寺戸の西にある板葺の家の軒先に立って夜を明かし、翌朝
  5. `自分は左京の官人である
  6. `九条で泊まるべきが、ここまで来てしまった
  7. `まったくわけがわからん
  8. `それにしても、同じところを一晩中巡り歩くとは、九条辺りから迷わし神が憑いて連れ回され、こうなったのだろう
  9. `と思い、明けてから西京の家に帰ってきた
  10. `俊宣がまさしく語ったことである