一四(一四九)東人歌の事

現代語訳

  1. `昔、東人が歌をたいへん好んで詠んでいたが、蛍を見て
  2. `ああ照るよ、虫のお穴に火がついて、小人魂のように見え渡る
  3. `東人のように詠もうとして、実は紀貫之が詠んだのだという