一一(一三四)丹後守保昌下向の時致経父に逢ふ事

現代語訳

  1. `これも昔の話、丹後守・藤原保昌が国へ下る時、与謝野山で白髪の武士一騎と出会った
  2. `路傍の木の下に馬を入れ、立てているので、国司の郎党たちが
  3. `あの老人はなぜ馬から下りないのか
  4. `けしからん
  5. `咎めて下ろそう
  6. `と言った
  7. `そのとき国司が
  8. `一人当千の馬の立て方だ
  9. `尋常ではない人だ
  10. `咎めてはならぬ
  11. `と制し、通り過ぎると、三町ほど行った辺りで、数多の兵を率いた大矢の左衛門尉・平致経と出会った
  1. `国司が挨拶をしていた折、致経が
  2. `この辺りで一人の老人と会われませんでしたか
  3. `我が父・平五大夫です
  4. `まったくの田舎者で、しきたりなどわきまえていないので、さぞ無礼なふるまいをしたことでしょう
  5. `と言った
  1. `致経が行った後で
  2. `道理でな
  3. `と言ったという