(一二五)保輔盗人たる事

現代語訳

  1. `昔、丹後守・藤原保昌の弟に、兵衛尉で五位の冠を賜った保輔という者がいた
  2. `盗人の首領であった
  3. `家は姉小路の南、高倉小路の東にあった
  4. `家の奥に蔵を建て、下を深い井戸のように掘って、太刀、鞍、鎧、兜、絹、布など、様々な物を売る者を呼び入れ、言い値で買い
  5. `代金を払ってやれ
  6. `と言い
  7. `奥の蔵の方へ連れて行け
  8. `と言って
  9. `代金を頂戴します
  10. `と出向いたのを、蔵の中へ呼び入れつつ、掘った穴へ突き落とし突き落としして、持ってきた物を取った
  1. `この保輔のところへ物を持ち込んだのの戻ったためしがない
  2. `このことを物売りが怪しく思っても、埋め殺してしまえば、このことを喋る者はいなかった
  3. `それのみならず、京中をのし歩き、盗みをして過ごしていた
  4. `このことは、うすうす噂にはなっていたが、どういうわけか、捕まることもなく過ぎていった