(九八)式成源満則員等三人滝口弓芸を被る事

現代語訳

  1. `これも昔の話、鳥羽院が位に就かれていたときのこと、白河院の武者所に、宮道式成、源満、則員が特に的弓の名手であると当時評判であったため、鳥羽院は在位の時、滝口に命じて三人を召された
  2. `試射すると、一度も外さなかった
  3. `これをもてなし興じられた
  1. `ある時、三尺五寸の的をお与えになり
  2. `これの第二の正鵠を射落として持ってまいれ
  3. `と仰せがあった
  1. `巳の刻に給わり、未の刻に射落として参上した
  2. `練習用の鏃は三人で三手である
  3. `矢を取って矢取りの者が帰るのを待っていては間に合わない
  4. `と、残りの者たちは、自分で矢を走って取り走って取りして入れ替わり立ち替わり射、未の刻の中頃、第二の正鵠の周囲を射巡らし、射抜き落して持って参上した
  5. `これは、もはや楚国の養由基のごとくである
  6. `と、当時の人々はたいへん誉めたという