(四)夢応の鯉魚

原文

  1. `むかし延長の頃
  2. `三井寺に興義といふ僧ありけり
  3. `絵に巧なるをもて名を世にゆるされけり
  4. `く所
  5. `仏像山水花鳥を事とせず
  6. `寺務のある日はに小船をうかべて
  7. `網引釣する泉郎に銭を与へ
  8. `たる魚をもとの江に放ちて
  9. `其魚の泳躍ぶを見ては画きけるほどに
  10. `年を経て細妙にいたりけり
  11. `或ときは絵に心を凝してをさそへば
  12. `夢のに江に入りて
  13. `さばかりの魚とともに泳ぶ
  14. `覚むればやがて見つるままを画きて壁に
  15. `みづから呼びて夢応鯉魚と名付けけり
  16. `其絵のなるをて乞ひむるもの前後をあらそへば
  17. `只花鳥山水は乞ふにまかせてあたへ
  18. `鯉魚の絵はあながちに惜みて
  19. `人毎に戯れていふ
  20. `生を殺しを喰ふ凡俗の人に
  21. `法師の養ふ魚必ずしも与へずとなん
  22. `其絵と俳諧とともに天が下に聞えけり
  1. `一とせ病に係りて
  2. `七日を経て忽にを閉ぢ
  3. `息絶えてむなしくなりぬ
  4. `徒弟友どち集りて嘆き惜みけるが
  5. `心頭のあたりのし暖なるにぞ
  6. `若しやと居めぐりて守りつも三日を経にけるに
  7. `手足すこし動き出づるやうなりしが
  8. `忽ち長嘘きて眼を開き
  9. `醒めたるが如くに起きあがりて人々にむかひ
  10. `人事を忘れて既に久し
  11. `幾日をか過しけん
  12. `衆弟等いふ
  13. `師三日に息たえ給ひぬ
  14. `寺中の人々をはじめ
  15. `日頃陸まじくかたり給ふ殿原も詣で給ひて
  16. `のことをもはかり給ひぬれど
  17. `只師が心頭の暖なるを見て
  18. `柩にもめでかく守り侍りしに
  19. `今や蘇生り給ふにつきて
  20. `かしこくも物せざりしよとびあへり
  21. `興義点頭きていふ
  22. `誰にもあれ一人
  23. `檀家の平の助の殿のに詣りてさんは
  24. `法師こそ不思識に生き侍れ
  25. `君今酒を酌みき鱠をつくらしめ給ふ
  26. `しばらくめて寺に詣でさせ給へ
  27. `稀有の物がたり聞えまゐらせんとて
  28. `彼人々のあるを見よ
  29. `我詞に露たがはじといふ
  1. `使みながら彼に往きて
  2. `其由をいひ入れてうかがひ見るに
  3. `主の助をはじめ
  4. `令弟の十郎
  5. `家の子掃守など居めぐりて酒を酌み居たる
  6. `師が詞のたがはぬを奇しとす
  7. `助のの人々此事を聞て大に異しみ
  8. `先箸をめて
  9. `十郎掃守をも召し具して寺に到る
  10. `興義枕をあげて路次のをかたじけなうすれば
  11. `助も蘇生を述ぶ
  12. `興義まづ問ふていふ
  13. `君試に我いふ事を聞かせ給へ
  14. `かの漁父文四に魚をあつらへ給ふことありや
  15. `助驚きて
  16. `まことにさる事あり
  17. `いかにしてしらせ給ふや
  18. `興義
  19. `かの漁父三尺あまりの魚を籠に入れて君が門に入る
  20. `君は賢弟と南面の所に碁を囲みておはす
  21. `掃守傍に侍りて
  22. `桃のの大なるをひつつの手段を見る
  23. `漁父が大魚を携へ来るを喜びて高杯に盛りたる桃をあたへ
  24. `又杯を給ふ三献飲ましめ給ふ
  25. `鱠手したり顔に魚をとり出でて鱠にせしまで
  26. `法師がいふ所たがはでぞあるらめといふに
  27. `助の人々此事を聞きて
  28. `或は異しみ或はここち惑ひて
  29. `かく詳なる言のよしを頻に尋ぬるに
  30. `興義かたりていふ
  1. `我此頃病にくるしみて堪へがたきあまり
  2. `其死したるをもしらず
  3. `熱きここちすこしさまさんものをと
  4. `杖に扶けられて門を出づれば
  5. `病もやや忘れたるやうにての鳥の雲井にかへるここちす
  6. `山となく里となく行き行きて
  7. `又江の畔に出づ
  8. `湖水の碧なるを見るより
  9. `現なき心に浴びて遊びなんとて
  10. `そこに衣を脱ぎ捨てて
  11. `身を跳らして深きに飛び入りつも
  12. `彼此に泳ぎめぐるに
  13. `より水になれたるにもあらぬが
  14. `ふにまかせて戯れけり
  1. `今思へば愚なる夢ごころなりし
  2. `されども人の水に浮ぶは魚のこころよきにはしかず
  3. `ここにて又魚の遊をうらやむ心おこりぬ
  4. `傍にひとつの大魚ありていふ
  5. `師のねがふ事いとやすし
  6. `待たせ給へとて
  7. `の底にゆくと見しに
  8. `しばしして冠装束したる人の
  9. `の大魚に胯がりて
  10. `許多鼇魚をひきゐて浮び来り
  11. `我にむかひていふ
  12. `海若の詔あり
  13. `老僧かねて放生の功徳多し
  14. `今江に入りて魚の泳躍をねがふ
  15. `金鯉が服を授けて水府のたのしみをせさせ給ふ
  16. `只餌の香ばしきにまされて釣の糸にかかり
  17. `身をふ事なかれといひて去りて見えずなりぬ
  1. `不思議のあまりにおのが身をかへり見れば
  2. `いつのまに鱗金光を備へて
  3. `ひとつの鯉魚と化しぬ
  4. `あやしとも思はで
  5. `尾を振りを動かして心のままに逍遥す
  6. `まづ長等の山おろし
  7. `立ゐる浪に身をのせて
  8. `志賀の大わだの汀に遊べば
  9. `かち人ののすそぬらすゆきかひにされて
  10. `比良の高山影うつる
  11. `深き水底にくとすれど
  12. `かくれ堅田の漁火によるぞうつつなき
  13. `ぬば玉の夜中の潟にやどる月は
  14. `鏡の山の峰にすみて
  15. `八十の湊の八十隈もなくておもしろ
  16. `沖津島山
  17. `竹生島
  18. `波にうつろふ朱の垣こそおどろかるれ
  19. `さしも伊吹の山風に
  20. `朝妻船も漕ぎ出づれば
  21. `芦間の夢をさまされ
  22. `矢橋の渡りする人のなれ棹をのがれては
  23. `瀬田の橋守にいくそたびか追はれぬ
  24. `日あたたかなれば浮び
  25. `風あらきときは千尋の底に遊ぶ
  26. `にも飢ゑてほしげなるに
  27. `彼此𩛰り得ずして狂ひゆくほどに
  28. `忽ち文四が釣を垂るるにあふ
  29. `はなはだ香し
  30. `心又河伯の戒を守りて思ふ
  31. `我は仏の御弟子なり
  32. `しばしを求め得ずとも
  33. `なぞもあさましく魚の餌を飲むべきとてそこを去る
  34. `しばしありて飢ますます甚しければ
  35. `かさねて思ふに
  36. `今は堪へがたし
  37. `たとへ此餌を飲むとも嗚呼に捕れんやは
  38. `もとよりは相識るものなれば
  39. `何のはばかりかあらんとて
  40. `遂に餌をのむ
  1. `文四はやく糸をめて我を捕ふ
  2. `こはいかにするぞと叫びぬれども
  3. `かつて聞かず顔にもてなして
  4. `縄をもて我を貫き
  5. `芦間に船を繋ぎ
  6. `我を籠に押し入れて君が門に進み入る
  7. `君は賢弟と南面の間にして遊ばせ給ふ
  8. `掃守傍に侍りて
  9. `文四がもて来し大魚を見て人々大にでさせ給ふ
  10. `我其とき人々にむかひ声をはり上げて
  11. `旁等は興義をわすれ給ふか
  12. `させ給へ
  13. `寺にかへさせ給へとに叫びぬれど
  14. `人々しらぬにもてなして
  15. `只手を拍つて喜び給ふ
  16. `鱠手なるもの
  17. `まづ我両眼を左手にてつよくとらへ
  18. `右手ぎすませし刀をとりて俎盤にのぼし
  19. `既に切るべかりしとき
  20. `我くるしさのあまりに大声をあげて
  21. `仏弟子を害する例やある
  22. `我を助けよ助けよと泣き叫びぬれど聞き入れず
  23. `終に切らるるとおぼえて夢醒めたりとかたる
  1. `人々大に感でしみ
  2. `師が物がたりにつきて思ふに
  3. `其度ごとに魚の口の動くを見れど
  4. `更に声を出す事なし
  5. `かかる事まのあたりに見しこそいと不思議なれとて
  6. `従者を家に走らしめて
  7. `残れるに捨てさせけり
  1. `興義これより病癒えての後
  2. `天年をもてりける
  3. `終焉に臨みて
  4. `画く所の鯉魚数枚をとりてに散らせば
  5. `画ける魚紙繭をはなれて水に遊戯す
  6. `ここをもて興義が絵世に伝はらず
  7. `其弟子成光なるもの
  8. `興義が神妙をつたへて時に名あり
  9. `閑院の殿の障子にを画きしに
  10. `生ける鶏この絵を見て蹴たるよしを
  11. `古き物語に戴せたり