(五三)還御

原文

  1. `同じき二十六日上皇厳島へ御参着入道相国の最愛の内侍が宿所御所に成る
  2. `中二日御逗留ありて経会舞楽行はる
  3. `結願の導師には三井寺の公顕僧正高座に登り鐘打ち鳴らし表白の詞に曰く
  4. `九重の都を出ださせ給ひて八重の潮路を分き以て遥々とこれまで参らせ給ひたる御志の忝さよ
  5. `と高らかに申されたりければ君も臣も皆感涙をぞ催されける
  6. `大宮客人を始め参らせて社々所々へ皆御幸成る
  7. `大宮より五町ばかり山を廻つて滝の宮へ参らせ給ふ
  8. `公顕僧正拝殿の柱に書き付られけるとかや
  9. `雲井より落ちくる滝のしらいとにちぎりをむすぶことぞうれしき
  10. `神主佐伯景広加階従上五位国司藤原有綱品上げられて加階従下四品やがて院の殿上許さる
  11. `座主尊永法印に成さる
  12. `神慮も動き太政入道の心も和らぎ給ひぬらんとぞ見えし
  1. `同じき二十九日御船飾つて還御成る
  2. `折節風烈しかりければ御船漕ぎ戻させその日は厳島の内有浦といふ所に留らせ給ふ
  3. `上皇
  4. `大明神の御名残惜しみに歌仕れ人々
  5. `と仰せければ隆房の少将
  6. `立ちかへるなごりもありの浦なれば神もめぐみをかくるしら浪
  1. `夜半ばかりに風静まりて波も穏しかりければ船共漕ぎ出ださせその日は備後国敷名の泊に着かせ給ふ
  2. `この所は去んぬる応保の比ほひ一院御幸の時国司藤原為成造りたりける御所のありけるを入道相国御設けに設はれたりしかども上皇それ御幸も成らず
  3. `今日は卯月一日更衣といふ事のあるぞかし
  4. `とて各都の事を宣ひ出だし眺め遣り給ふほどに岸に色深き藤の松に咲き懸かりたりけるを上皇叡覧ありて
  5. `あの花折りに遣はせ
  6. `と仰せければ大宮大納言隆季卿承つて左史生中原康定が端舟に乗りて折節御前を漕ぎ通りけるを召して折りに遣はす
  7. `藤の花を松の枝に付け折りて参らせたりければ
  8. `心馳せあり
  9. `など仰せられて御感ありけり
  10. `この花にて歌仕れ各
  11. `と仰せければ隆季大納言
  12. `千とせ経ん君がよはひに藤なみの松のえだにもかかりぬるかな
  1. `二日は備前児島の泊に着かせ給ふ
  2. `五日天晴れて風長閑けかりければ御所の御船を始め参らせて人々の船共皆漕ぎ出だす
  3. `雲の波煙の波を分け凌がせ給ひてその日は播磨国山田浦に着かせ給ふ
  1. `それより御輿に召して福原へ入らせおはします
  2. `供奉の人々今一日も先に都へとは急がれけれども六日は御逗留あつて福原の所々皆歴覧あり
  3. `池中納言頼盛卿の山庄荒田まで御覧ぜらる
  4. `明くる七日福原を立たせ給ふとて入道相国の家の賞行はる
  5. `入道相国の養子丹波守清邦正下四位同じう入道の孫越前少将資盛は従四位とぞ聞えし
  1. `その日寺井に着かせ給ふ
  2. `八日御迎の公卿殿上人鳥羽の草津まで皆参られけり
  3. `還御の時は鳥羽殿へは御幸も成らず直ぐに入道相国の西八条の亭へ入らせおはします
  1. `同じき二十二日新帝の御即位あり
  2. `大極殿にて行はるべかりしかども一年炎上の後は未だ造りも出だされず
  3. `大極殿無からん上は太政官の庁にて行はるべきか
  4. `と公卿僉議ありしかば九条殿申させ給ひけるは
  5. `太政官の庁は凡人の家に取らば公文所体の所なり
  6. `大極殿無からん上は紫宸殿にてこそ御即位はあるべけれ
  7. `と申させ給へば紫宸殿にてぞ御即位はありける
  8. `去にし康保四年十一月一日冷泉院の御即位紫宸殿にてありしは主上御邪気によつて大極殿への行幸叶はざりし御故なり
  9. `その例いかがあるべからん
  10. `ただ後三条院の延久の佳例に任せて太政官の庁にて行はるべきものを
  11. `と人々申し合はれけれどもその時の九条殿の御計らひの上は左右に及ばず
  1. `春宮践祚ありしかば中宮は弘徽殿より仁寿殿へ遷つてやがて高御座へ参らせ給ふ
  2. `平家の人々皆出仕せられける中に小松殿の君達は去年大臣薨ぜられにしかば色にて籠居せられけり