(五)我身栄花

原文

  1. `我が身の栄花を極むるのみならず一門共に繁昌して嫡子重盛内大臣左大将次男宗盛中納言右大将三男知盛三位中将嫡孫維盛四位少将すべて一門の公卿十六人殿上人三十余人諸国の受領衛府諸司都合六十余人なり
  2. `世にはまた人なくぞ見えられける
  3. `昔奈良の御門の御時神亀五年朝家に中衛大将を始め置かれ大同四年に中衛を近衛と改められしより以来兄弟左右に相並ぶ事僅かに三四箇度なり
  4. `文徳天皇の御時は左に良房右大臣左大将右に良相大納言右大将これは閑院左大臣冬嗣の御子なり
  5. `朱雀院の御宇には左に実頼小野宮殿右に師輔九条殿貞信公の御子なり
  6. `御冷泉院の御時は左に教通大二条殿右に頼宗堀川殿御堂関白の御子なり
  7. `二条院の御宇には左に基房松殿右に兼実月輪殿法性寺殿の御子なり
  8. `これ皆摂籙の臣の御子息凡人にとつてはその例なし
  9. `殿上の交はりをだに嫌はれし人の子孫にて禁色雑袍を許り綾羅錦繍を身に纏ひ大臣の大将に成りて兄弟左右に相並ぶ事末代とはいひながら不思議なりし事共なり
  1. `その外御娘八人おはしき
  2. `皆とりどりに幸ひ給へり
  3. `一人は桜町中納言重範教卿の北方にておはすべかりしが八歳の年御約束ばかりにて平治の乱以後引き違へられ後には花山院左大臣殿の御台盤所に成らせ給ひて君達数多ましましけり
  1. `抑もこの重範卿を
  2. `桜町中納言
  3. `と申しける事は勝れて数奇給へる人にて常は吉野山を恋ひつつ町に桜を植ゑ並べその内に屋を建てて住み給ひしかば来たる年の春毎に見る人皆
  4. `桜町
  5. `とぞ申しける
  6. `桜は咲きて七箇日に散るを名残を惜しみ天照大神に祈り申されければにや三七日まで名残ありけり
  7. `君も賢王にてましませば神も神徳を輝かし花も心ありければ二十日の齢を保ちけり
  8. `一人は后に立たせ給ふ
  9. `皇子御誕生ありて皇太子に立ち位に即かせ給ひしかば院号蒙らせ給ひて建礼門院とぞ申しける
  10. `入道相国の御娘なる上天下の国母にてましませばとかう申すに及ばれず
  11. `一人は六条摂政殿の北政所に成らせ給ふ
  12. `高倉院御在位の御時御母代とて准三后の宣旨を蒙り白河殿とて重き人にてぞましましける
  13. `一人は普賢寺殿の北政所に成らせ給ふ
  14. `一人は七条修理大夫信隆卿に相具し給へり
  15. `一人は七条冷泉大納言隆房卿の北方また安芸国厳島の内侍が腹に一人おはしけるは後白河法皇へ参らせ給ひて偏に女御のやうでぞましましける
  16. `その外九条院の雑仕常磐が腹に一人
  17. `これは花山院殿の上臈女房にて廊御方とぞ申しける
  1. `日本秋津島は僅かに六十六箇国平家知行の国三十余箇国既に半国に越えたり
  2. `その外荘園田畑幾らといふ数を知らず
  3. `綺羅充満して堂上花の如し
  4. `軒騎群集して門前市をなす
  5. `楊州の金荊州の珠呉郡の綾蜀江の錦七珍万宝一つとして欠けたる事なし
  6. `歌堂舞閣の基魚龍爵馬の翫び物おそらくは帝闕も仙洞もこれには過ぎじとぞ見えし