一 五方の構の事

原文

  1. `五方の構は上段 中段 下段 右のわきに構ふる事左のわきに構ふる事是
  2. `
  3. `
  4. `構五ツに分つと云へ共皆人をきらん為也
  5. `構五ツより外はなし
  6. `何れの構なり共
  7. `かまふるは思はずきる事也
  8. `と思ふべし
  9. `構の大小はことにより利にしたがふべし
  10. `上中下はの構也
  11. `両脇はゆう(遊)の構也
  12. `右左の構うへのつまりてわき一方つまりたる所などにての構也
  13. `右左は所によりて分別有
  14. `此道の大事に曰く
  15. `構のきはまりは中段と心得べし
  16. `中段構の本意
  17. `兵法大きにして見よ
  18. `中段は大将の座也
  19. `大将につきあと四段の構也
  20. `能々吟味すべし