一〇(一八三)御堂関白の御犬晴明等奇特の事

現代語訳

  1. `これも昔の話、御堂関白殿・藤原道長が法成寺を建立して後、毎日御堂へ参っておられたが、白い犬を可愛がって飼っていらしたので、いつもそばを離れず、お供していた
  2. `ある日、いつものようにお供をしていると、門を入ろうとしたとき、この犬が前を塞ぐように吠えまわり、中へ入れまいとした
  3. `なんでもあるまい
  4. `と車から下りて入ろうとなさると、衣の裾に咬みついて引き留めようとする
  5. `さては何かあるのだろうか
  6. `と思い、榻を持ってこさせ、それに腰をかけて、安倍晴明に
  7. `すぐ参れ
  8. `召されると、晴明はすぐに参上した
  1. `こんなことがあったのだが、どういうことだ
  2. `とお尋ねになると、晴明がしばし占って
  3. `これは君を呪詛奉るものを道に埋めてあるのです
  4. `お越しなさるとよからぬ事が起こります
  5. `犬は神通力を持つものなので、告げたのでございましょう
  6. `と言うので
  7. `では、それはどこに埋まっているのか
  8. `見つけ出せ
  9. `と命じられた
  10. `お安い御用です
  11. `と答え、しばし占って
  12. `ここでございます
  13. `と言った場所を掘らせると、土を五尺ほど掘ったところで、案の定、物が出てきた
  14. `土器を二つ合わせ、よじった黄色の紙で十字に絡げてあった
  15. `開けてみれば、中には何も入っていなかった
  16. `深い朱色で一文字が土器の底になにやら記されているばかりである
  1. `私の他にこれを知る者はおりません
  2. `もしかすると、道摩法師・蘆屋道満の仕業かもしれません
  3. `問いただしてみましょう
  4. `と、懐から紙を取り出し、鳥の姿に引き結び、呪いを誦しかけて空へ投げ上げると、たちまち白鷺となって南を目指して飛んでいった
  5. `あの鳥が落ち着く所を見て参れ
  6. `とて下部を走らせると、六条坊門万里小路付近の古びた家の諸折戸の中へ落ちた
  7. `そしてすぐに家の主である老法師を捕らえて戻ってきた
  1. `呪詛の魂胆を問えば
  2. `堀河左大臣・藤原顕光公の命により仕りました
  3. `と答えた
  4. `この上は、流罪にすべきであるが、道摩の咎ではない
  5. `と言い
  6. `今後、このような真似はするでないぞ
  7. `と、本国播磨へ追放した
  8. `この顕光公は、死後怨霊となって、御堂殿に祟りをなした
  9. `悪霊左府
  10. `と呼び名がついたとか
  11. `犬はいよいよ寵愛されたという