(一二〇)豊前王の事

現代語訳

  1. `昔、桓武天皇第五皇子に豊前の大君という人がいた
  2. `四位で、司は刑部卿、大和守でいらした
  3. `世情に通じ、気立ても素直で、朝廷の政治についても善悪をよく知り、除目があるときも、まず国守に欠員が出れば、希望者を国の程度を計りながら
  4. `その人はあそこの国守に任ぜられよう
  5. `その人は筋を通して望んでも叶うまい
  6. `など、国ごとに話すのを人が聞き、除目の朝にこの大君が推測したことは少しも違わないため
  7. `この大君の除目の推量は明察だ
  8. `と噂になり、除目の前になれば、この大君の屋敷に集い
  9. `なるだろう
  10. `と言われた人は手をすり合わせて喜び
  11. `なれない
  12. `と言うのを聞いた人々は
  13. `何を言いやがる、もうろく爺め
  14. `道祖神を祭って狂っちまったんだろうよ
  15. `などと悪態を吐きながら帰って行った
  1. `こうなるだろう
  2. `という人が就かず、意外な人が就いたりすると、世間は
  3. `悪い人事だ
  4. `と謗った
  5. `それゆえ朝廷も
  6. `豊前の大君は、どう除目を語っていたか
  7. `と、親しくしている者に
  8. `行って尋ねてこい
  9. `と命じた
  10. `これは、文徳天皇・清和天皇などの時代であっただろうか