(二七)季通殃に逢はんとする事

現代語訳

  1. `昔、駿河前司・橘季通という者がいた
  2. `その者が若かったとき、ある身分の高い家に仕える女房のもとへ忍んで通っていたが、そこの侍たちが
  3. `家の者でもない雑魚六位が朝晩屋敷に出入りして目障りだ
  4. `こいつを閉じ込めて痛めつけてやろう
  5. `と集まって算段していた
  1. `そんなこととも知らず、いつものことなので、小舎人童一人を連れて局に入った
  2. `童子を
  3. `明朝迎えに来い
  4. `と言って帰した
  5. `痛めつけようとしている連中が様子を伺い見守る中
  6. `彼奴がやって来て局に入ったぞ
  7. `と皆に伝え、あらこちの門などを閉ざして鍵をかけ、侍らが、杖を引きずり歩き、築地の崩れのある所に立ち塞がって護っていると、局の女童が感づき、主の女房に
  8. `このようなことがありましたが、どういうことでしょうか
  9. `と告げたので、主の女も聞いて驚き、二人して寝ていたが、起きだして、季通も身支度をはじめた
  10. `女が奥の座敷へ上って尋ねれば
  11. `侍たちの示し合わせですることではあるけれども、屋敷の主も素知らぬふりをしておいでだ
  12. `と聞き、途方にくれて、局に帰り、泣いていた
  1. `季通は
  2. `これはまいった
  3. `恥をかかされる
  4. `と思ったが、なすすべがない
  5. `女童を呼び出し
  6. `抜けだせるような隙間はないか
  7. `と見に行かせたが
  8. `そのような隙のある所には四・五人ずつ、括り緒で縛って股立ちを上げ、太刀を佩いて、杖を脇に挟んで皆立っているので、出ようがありません
  9. `と言った
  1. `この駿河前司はたいへん力が強かった
  2. `しかたがない
  3. `夜が明けてもこの局に籠もっていて、引っ張り出そうと入って来た者と組み合って死のう
  4. `とはいえ、夜が明けて後、誰それだと面が割れてからではまずい
  5. `従者らを呼びに遣ってでも出て行くとするか
  6. `と考えていた
  7. `明朝、童子が迎えに来たとき、何も知らずに門を叩いたりして小舎人童と気づかれ、捕縛されたりはしまいか
  8. `と、そのことを心配していたので、女童を出して
  9. `もしかしたら童子の様子を聞きつけるか
  10. `と窺わせたが、侍らが厳しい物言いをしたので、泣き泣き戻って来て、しゃがみこんでいた
  1. `そうして
  2. `夜も明けたかな
  3. `と思われる頃、この童子が、どうやって入ったのか、忍び込む音がし、侍が
  4. `誰だ、そこの童子は
  5. `と気色ばんで詰問したので
  6. `まずい受け答えなどしまいか
  7. `と思っていると
  8. `御読経の僧の童子にございます
  9. `と名乗った
  10. `そう名乗られると
  11. `早く行け
  12. `と言った
  13. `うまく言ったものだな
  14. `ここに寄って、いつもの女童の名を呼ぶかな
  15. `と、またそれを思っていたが、寄りもせず、通り過ぎていった
  1. `あの童子も心得ている
  2. `利発な奴だ
  3. `それだけ心得ていると、もしかすると、人を謀ることもあるかもしれん
  4. `と、童子の心を知っているので頼もしく思っていると、大路の方から、女の声で
  5. `追いはぎよ、人殺し
  6. `と喚く声がした
  7. `それを聞いて、立っていた侍たちが
  8. `それ、捕まえろ
  9. `面倒はない
  10. `と言って、皆走りかかったが、門が開かないので崩れた所から走り出て
  11. `どこへ行った
  12. `こっちか
  13. `あっちか
  14. `と捜し騒いでいる
  15. `これは童子の計略だな
  16. `と思い、走り出てみると、錠をさしたことから門を疑いもせず、崩れのもとに連中が集まってなにやら喋っているので、門のもとへと駆け寄り、錠をねじって引き抜いて、開けると同時に走り去り、築地を過ぎるときに童子と出会った
  1. `連れて三町ほど逃げ延びて、いつものようにゆっくりと歩きながら
  2. `いったいどうやったのだ
  3. `と言うと
  4. `門などはいつもと違うようにされていたうえ、崩れに侍たちが立ち塞がっていて、厳しく問い質されましたので、そこで
  5. `御読経の僧の童子
  6. `と名乗りましたら出してくれましたので、そこから出て帰り、なんとかしようと思ったのですが、参ったことをお知らせせねばと思い、声をお聞かせして帰りましたところ、この隣にいる女童が糞をひっていましたので
  7. `さすがにもうお出になられただろう
  8. `しゃ頭をつかんねじ伏せて着物をむしり取ると、喚いた声を聞きつけて人々がやって来たので、それを見計らい
  9. `と思ってこちらへ参り、お会いしたのです
  10. `と言った
  11. `童子であってもかしこく利発な者はこんなことをする