(一一二)大安寺別当の女に嫁する男夢見る事

原文

  1. `今は昔奈良の大安寺の別当なりける僧の女の許に蔵人なりける人の忍びて通ふほどにせめて思はしかりければ時々は昼もとまりけり
  2. `ある時昼寝したりける夢に
  3. `俄にこの家の内に上下の人響みて泣き合ひけるを
  4. `いかなる事やあらん
  5. `と怪しければ立ち出でて見れば舅の僧妻の尼公より始めてありとある人皆大きなる土器を捧げて泣きけり
  6. `いかなればこの土器を捧げて泣くやらん
  7. `と思ひて能く能く見ればの湯を土器毎に盛れり
  8. `打入りて鬼の飲ませんにだにも飲むべくもなき湯を心と泣く泣く飲むなりけり
  9. `辛くして飲み果てつればまた乞ひ添へて飲む者もあり
  10. `下臈に至るまでも飲まぬ者なし
  11. `我が傍に臥したる君を女房来て呼ぶ
  12. `起きて往ぬるを覚束なさにまた見ればこの女も大きなるの土器に銅の湯を一土器いれて女房取らすればこの女取りて細くらうたげなる声を差し上げて泣く泣く飲む
  13. `目鼻より煙くゆり出づ
  1. `あさましと見て立てるほどにまた
  2. `客人に参らせよ
  3. `と云ひて土器を台に据ゑて女房持て来たり
  4. `我もかかる物を飲まんずるか
  5. `と思ふにあさましくて惑ふ
  6. `と思ふほどに夢さめぬ
  1. `驚きて見れば女房食物を持て来たり
  2. `舅の方にも物食ふ音して喧騒る
  3. `寺の物を食ふにこそあるらめ
  4. `それがかくは見ゆるなり
  5. `とゆゆしく心憂く覚えて女の思はしさも失せぬ
  6. `さて心地の悪しき由を云ひて物も食はずして出でぬ
  7. `その後は遂に彼処へ行かずなりにけり