(四〇)樵夫歌の事

原文

  1. `今は昔樵夫の山守にを取られて
  2. `わびし
  3. `心うし
  4. `と思ひて頬杖打衝きて居りける
  5. `山守見て
  6. `さるべき事を申せ
  7. `取らせん
  8. `と云ひければ
  9. `悪しきだになきはわりなき世の中によきを取られて我いかにせん
  10. `と詠みければ山守
  11. `返しせん
  12. `と思ひて
  13. `ここここ
  14. `呻吟きけれどえせざりけり
  15. `さて返し取らせてければ
  16. `嬉し
  17. `と思ひけりとぞ
  18. `人はただ歌をかまへて詠むべしと見えたり