(九)宇治殿倒れさせ給ひて実相房僧正験者に召さるる事

原文

  1. `これも今は昔高陽院造らるる間宇治殿御騎馬にて渡らせ給ふ間倒れさせ給ひて心地違はせ給ふ
  2. `心誉僧正に祈られん
  3. `とて召しつかはすほどに未だ参らざる前に女房の局なる小女に物憑きて申して曰く
  4. `別の事にあらず
  5. `きと目見入れ奉るによりてかくおはしますなり
  6. `僧正参られざる先に護法先立ちて参りて追ひ払ひさぶらへば逃げ終りぬ
  7. `とこそ申しけれ
  8. `即ちよくならせ給ひにけり
  9. `心誉僧正いみじかりぬる事