(九六)北国下向

現代語訳

  1. `さて、木曽義仲殿は東山・北陸両道を従えて、今にも京へ乱入するという噂が立った
  2. `平家は去年の冬の頃から
  3. `来年は馬に草をやる春頃に合戦があるだろう
  4. `と一門の者たちに伝えていたので、山陰・山陽・南海・西海の兵たちが大勢集まった
  5. `東山道は、近江・美濃・飛騨の兵は来たが、東海道は、遠江より東の兵は来ず、西は皆来た
  6. `北陸道は若狭より北の兵は一人も来ない
  1. `平家の人々は
  2. `木曽義仲を討ったら頼朝を討とう
  3. `と公卿らが評議をし、北国へ討手を差し向けられた
  4. `大将軍には、小松三位中将・平維盛、越前三位・平通盛、副将軍には、薩摩守・平忠度、皇后宮亮・平経正、淡路守・平清房、三河守・平知度、侍大将には、越中前司・平盛俊、上総大夫判官・伊藤忠綱、飛騨大夫判官・伊藤景高、河内判官秀国、高橋判官・平長綱、武蔵三郎左衛門有国を先鋒として、以上大将軍六人、総勢十万余騎が、四月十七日辰刻に都を発って北国へ赴いた
  5. `往路の費用として税の徴収権を与えられていたので、逢坂関を越えてからは、道中で会った権力者や裕福な家の納税物資さえも恐れずすべて奪い取った
  6. `志賀、唐崎、三川尻、真野、高島、塩津、貝津の道に沿って略奪しながら行軍したので、人々はたまらず山野に逃げてしまった