一二(一〇六)平家山門連署

原文

  1. `平家はこれを夢にも知り給はず
  2. `興福園城両寺は鬱憤を含める折節なれば語らふともよも靡かじ
  3. `当家は山門に於いて未だ怨を結ばず
  4. `山門また当家の為に不忠を存せず
  5. `詮ずるところ山王大師に祈誓申して三千の衆徒を語らはばや
  6. `とて一門公卿十人同心連署の願書を書いて山門へ送らる
  7. `その願書に曰く
  1. ``敬白
  2. ``延暦寺氏寺日吉社氏社一向可天台仏法
  3. ``右当家一族輩殊有祈誓
  4. ``旨趣如何叡山是桓武天皇御宇伝教大師入唐帰朝後円頓教法弘此所遮那大戒従其内以来専為仏法繁昌霊窟久備鎮護国家道場
  1. ``方今伊豆国流人源頼朝不其咎還嘲朝憲
  2. ``加之与奸謀同心源氏等義仲行家以下結党有
  3. ``隣境遠境掠領数国土宜貢押領万物
  4. ``此或追累代勲功跡或任当時弓馬芸速可追討賊徒降伏凶党由苟含勅命頻企征討
  5. ``爰似魚鱗鶴翼陣官軍不利聖謀天戟威逆類乗
  6. ``若非神明仏陀加被争靖反逆凶乱
  1. ``何況忝思臣等曩祖本願余裔
  2. ``弥可崇重
  3. ``弥可恭敬
  4. ``自今以後山門有悦為一門悦社家有憤為一家憤各伝子孫永不失墮
  5. ``藤氏以春日社興福寺氏社氏寺久帰法相大乗宗
  6. ``平氏以日吉社延暦寺氏社氏寺親値遇円実頓悟教
  7. ``彼昔遺跡也
  8. ``家思栄華
  9. ``此今精祈也
  10. ``君請追討
  1. ``仰願山王七社王子眷属東西満山護法聖衆日光月光医王善逝照無二丹誠唯一玄応
  2. ``然即邪謀逆臣賊束手於君門暴逆残害輩伝首於京土
  3. ``仍当家公卿等異口同音作礼祈誓如
  4. `従三位行兼越前守平朝臣通盛
  5. `従三位行兼右近衛中将平朝臣資盛
  6. `正三位行右近衛中将兼伊予守平朝臣維盛
  7. `正三位行左近衛権中将兼播磨守平朝臣重衡
  8. `正三位行右衛門督兼近江遠江守平朝臣清宗
  9. `参議正三位皇太后宮権大夫兼修理大夫加賀越中守平朝臣経盛
  10. `従二位行中納言兼征夷大将軍右兵衛督平朝臣知盛
  11. `従二位行権中納言兼肥前守平朝臣教盛
  12. `正二位行権大納言兼陸奥出羽按察使平朝臣頼盛
  13. `従一位前内大臣平朝臣宗盛
  14. `寿永二年七月五日
  15. `敬白
  16. `とぞ書かれたる
  17. `貫首これを憐れみ給ひて左右なう披露もし給はず
  1. `十禅寺権現の社壇に三日籠つてその後衆徒に披露せらる
  2. `初めは有りとも見えざりける願書の上巻に歌こそ一首出で来たれ
  3. `たひらかに花さく宿も年ふればにしへかたぶく月とこそみれ
  4. `山王大師これを憐れみ給ひ
  5. `三千の衆徒力を合はせよ
  6. `となり
  1. `されども年比日比の振舞ひ神慮にも違ひ人望にも背きぬれば祈れども叶はず語らへども靡かざりけり
  2. `大衆も
  3. `まことにさこそは
  4. `と事の体をば憐れびけれども既に源氏合力の返牒を送りぬる上は今また軽々しくその議を翻すに及ばねばこれを許容する衆徒もなし

書下し文

  1. ``敬つて白す
  2. ``延暦寺を以て氏寺に准じ日吉社を以て氏社として一向天台の仏法を仰ぐべき事
  3. ``右当家一族の輩殊に祈誓する事あり
  4. ``旨趣如何となれば叡山はこれ桓武天皇の御宇伝教大師入唐帰朝の後円頓の教法この所に広め遮那の大戒をその内に伝へてより以来専ら仏法繁昌の霊窟として久しく鎮護国家の道場に備ふ
  1. ``まさに今伊豆国の流人源頼朝その咎を悔いず却つて朝憲を嘲る
  2. ``しかのみならず奸謀に与して同心を致す源氏等義仲行家以下党を結んで数あり
  3. ``隣境遠境数国を掠領し土宜貢万物を押領す
  4. ``これに因つて或いは累代勲功の跡を追ひ或いは当時弓馬の芸に任せて速やかに賊徒を追討し凶党を降伏すべき由苟も勅命を含んで頻りに征討を企つ
  5. ``ここに魚鱗鶴翼陣官軍利を得ず聖謀天戟の威逆類勝つに乗るに似たり
  6. ``もし神明仏陀の加被にあらずはいかでか反逆の凶乱を鎮めんのみ
  1. ``いかに況や臣等が曩祖思へば忝く本願の余裔と謂つべし
  2. ``いよいよ崇重すべし
  3. ``いよいよ恭敬すべし
  4. ``自今以後山門に悦びあらば一門の悦びとし社家に憤りあらば一家の憤りとして各の子孫に伝へて永く失墮せじ
  5. ``藤氏は春日社興福寺を以て氏社氏寺として久しく法相大乗の宗に帰す
  6. ``平氏は日吉社延暦寺を以て氏社氏寺としてまのあたり円実頓悟の教に値遇せん
  7. ``かれは昔の遺跡あり
  8. ``家の為栄華を思ふ
  9. ``これは今の精祈なり
  10. ``君の為追討を請ふ
  1. ``仰ぎ願はくは山王七社王子眷属東西満山護法聖衆日光月光医王善逝無二の丹誠を照らして唯一玄応を垂れ給へ
  2. ``然れば即ち邪謀逆臣の賊手を君門に束ね暴逆残害の輩首を京土に伝へん
  3. ``よつて当家の公卿等異口同音に礼をなして祈誓件の如し