(五八)山門牒状

原文

  1. `さるほどに三井寺には貝鐘鳴らいて大衆僉議す
  2. `抑も近日世上の体を案ずるに仏法の衰微王法の牢籠正にこの時に当たれり
  3. `今度入道の暴悪を戒めずばいづれの日をか期すべき
  4. `宮ここに入御の御事正八幡宮の衛護新羅大明神の冥助にあらずや
  5. `天衆地類も影向を垂れ仏力神力も降伏を加へまします事などかなからん
  6. `就中北嶺は円宗一味の学地南都は夏臈得度の戒場なり
  7. `牒奏の処語らはんになどか与せざるべき
  8. `と一味同心に僉議して山へも奈良へも牒状をこそ遣はしけれ
  9. `まづ山門への状に曰く
  1. ``園城寺牒延暦寺衙
  2. ``殊致合力当寺之破滅
  1. ``右入道浄海恣滅仏法王法
  2. ``愁嘆無極処去十五日夜一院第二王子為不慮之難密令入寺
  3. ``爰号院宣出由雖責不
  4. ``仍可放遣官軍旨有其聞
  5. ``当寺破滅正当此時
  6. ``諸衆何不愁嘆
  1. ``中延暦園城両寺雖相分門跡二学是同円頓一味之教門
  2. ``縦如鳥左右翅
  3. ``又似車二輪
  4. ``一方欠争無其悩哉者
  5. ``殊致合力被当寺破滅早忘年来遺恨住山之昔
  6. ``衆徒僉議如
  1. ``仍牒奏如
  2. ``治承四年五月十八日
  3. ``大衆等
  4. `とぞ書いたりける

書下し文

  1. ``園城寺牒す延暦寺衙
  2. ``殊に合力を致して当寺の破滅を助けられんと思ふ状
  1. ``右入道浄海恣に仏法を滅ぼし王法を乱さんと欲す
  2. ``愁嘆極まりなき処に去んぬる十五日の夜一院第二の王子密かに入寺せしめ給ふ
  3. ``ここに院宣と号して出だし奉るべき由責ありといへども出だし奉るに能はず
  4. ``よつて官軍を放ち遣はすべき旨その聞えあり
  5. ``当寺の破滅正にこの時に当たれり
  6. ``諸衆何ぞ愁嘆せざらんや
  1. ``就中に延暦園城両寺は門跡二つに相分かるといへども学するところはこれ円頓一味の教門に同じ
  2. ``たとへば鳥の左右の翅の如し
  3. ``また車の二つの輪に似たり
  4. ``一方欠けんに於いてはいかでかその嘆きなからんや
  5. ``特に合力を致して当寺の破滅を助けられば早く年来の遺恨を忘れて住山の昔に復せん
  6. ``衆徒の僉議かくの如し
  1. ``よつて牒送件の如し
  2. ``治承四年五月十八日
  3. ``大衆等