(五五)鼬沙汰

原文

  1. `さるほどに法皇は成親俊寛等がやうに
  2. `遠き国遥かの島へも遷されんずるや
  3. `と思し召すところに城南の離宮にして今年は二年にならせおはします
  1. `同じき五月十二日午刻ばかり鳥羽殿には鼬夥しう走り騒ぐ
  2. `法皇大きに驚かせ給ひて御占形を遊ばいて近江守仲兼その時は未だ鶴蔵人にて候ひけるを御前へ召して
  3. `これ持つて安倍泰親が許へ行ききつと勘へさせて勘状を取つて参れ
  4. `とぞ仰せける
  1. `仲兼これを賜はつて安倍泰親が許へ行く
  2. `折節宿所にはなかりけり
  3. `白河なる所へ
  4. `と云ひければそれへ尋ね行きて勅諚の趣仰すれば泰親やがて勘状を参らせけれ
  1. `仲兼これを取つて鳥羽殿へ馳せ参り門より参らんとすれば守護の武士共許さず
  2. `案内は知つたり築地を越え大床の下を這うて切板より泰親が勘状をこそ参らせけれ
  3. `法皇これを開いて叡覧あるに
  4. `今三日が内の御悦び並びに御嘆き
  5. `とこそ勘へ申したれ
  6. `法皇
  7. `この有様にても御悦びは然るべし
  8. `またいかなる御目にか遭ふべきやらん
  9. `とぞ仰せける
  1. `同じき十三日前右大将宗盛卿法皇の御事を垂れ臥し申されければ入道相国漸うに思ひ直つて法皇をば鳥羽殿を出だし奉り都へ還御成し奉り八条烏丸の美福門院の御所へ入れ奉る
  2. `今三日が内の御悦び
  3. `とは泰親これをぞ申しける
  4. `かかりける処に熊野別当湛増飛脚を以て高倉宮の御謀反の由を都へ申したりければ前右大将宗盛卿大きに騒いで折節入道相国は福原の別業におはしけるにこの由申されたりければ聞きも敢へずやがて都へ馳せ上りて
  5. `是非に及ぶべからず
  6. `高倉宮をば搦め捕つて土佐の幡多へ還すべし
  7. `とぞ宣ひける
  8. `上卿は三条大納言実房職事は頭弁光雅とぞ聞えし
  9. `武士には源大夫判官兼綱出羽判官光長承つて宮の御所へぞ向かひける
  10. `この源大夫判官と申すは三位入道の次男なり
  11. `然るをこの人数に入れられける事は高倉宮の御謀反を三位入道勧め申されたりといふ事を平家未だ知ざりけるによつてなり