一三(二九)善光寺炎上

原文

  1. `その比信濃国善光寺炎上の事ありけり
  2. `かの如来は昔天竺舎衛国に五種の悪病起つて人庶多く滅びし時月蓋長者が致請によつて龍宮城より閻浮檀金を得て釈尊目連長者心を一つとして鋳顕し給へる𢷡手半の弥陀三尊三国無双の霊像なり
  3. `仏滅度の後天竺に留まり給ふ事五百余歳されども仏法東漸の理にて百済国に移らせ給ひて一千歳の後百済の帝斉明王我が朝の欽明天皇の御宇に及びてこの国へ移らせ給ひて摂津国難波浦にして星霜を送らせおはします
  4. `常に金色の光を放たせ給ふ
  5. `かるが故に年号をば金光と号す
  1. `同じき三年三月に信濃国の住人大海本田善光都へ上り如来に逢ひ奉り誘ひ参らせて下りけるが昼は善光如来を負ひ奉り夜は善光如来に負はれ奉つて信濃国に下り水内郡に安置し奉つてより以来星霜は五百八十余歳されども炎上はこれ初めとぞ承る
  2. `王法尽きんとては仏法まづ滅ず
  3. `と云へり
  4. `さればにや
  5. `さしも止事なかりつる霊寺霊山の多く滅び失せぬる事は王法の末になりぬる先表やらん
  6. `とぞ人申しける